似顔絵 描き方のコツ 印象や雰囲気を強調して速写する

スポンサーリンク

おすすめ情報

★笑っていいとも 似顔絵マスター選手権2度優勝★ 似顔絵師しんのすけが教える7ステップ楽しい似顔絵講座

たった7ステップで・・・、これなら私にも似顔絵が簡単に描けるようになるかも!!

わずか3ステップでそっくりに描ける デジアナ似顔絵上達法

「これはすごい!」あるコツを知るだけで、誰でも簡単に似顔絵が描けるようになります。そのヒミツは、公式サイトでじっくり読んでみて下さいね。

写真を1週間でプロ級油絵に描く方法

いまは、もう、なんでもデジタル。パソコンが使えないと仕事も趣味も楽しめません。どうせなら、パソコンを使いながら、油絵の創作にチャレンジしてみませんか?

似顔絵 上手く書く方法 印象や雰囲気を強調して速写する

似顔絵で印象や雰囲気を強調して速写するメリット

似顔絵で印象や雰囲気を強調して速写するメリットは、写真だと難しくてもスラスラと似顔絵を描きあげることが出来ることです。また、雰囲気や個性が伝わりやすい。サイズも自由自在で、手軽に自分好みに飾り付けが出来ることがメリットです。スマホの写真よりも、写真と比べ物にならないくらい自分の印象や個性を強く印象付ける事が出来るので、より鮮明に思い出を物語ります。

そして、スマホで写真を加工するよりも、非常に手間と時間をかけて細部までこだわり抜いた似顔絵は、満足度も非常に高く、これだけは欲しいという作品になります。似顔絵にはいくつか「タイプ」がありますので、それぞれ特徴やメリット・デメリットなどを知り、選ぶことが出来ます。

今回は、似顔絵で似顔絵師について説明します。一度決めて似顔絵制作をお願いした後から、変更してもOKです。どんなものかを理解することで、依頼にも反映できますので参考にして下さいね。

似顔絵で印象や雰囲気を強調して速写する場合のポイント

似顔絵で印象や雰囲気を強調して速写する場合のポイントは、なるべく細部にわたって表現することが重要になってきます。描く場所やタイミングによって、仕上がりの印象が異なる場合があります。また、例えば文字やラインをハートで表現する場合、よりハートが明るく見えるように色彩や濃淡を変えることによって、かなり雰囲気が変わることがあります。

こうしたところを細部までこだわることによって、速写する場合でも、よりリアルな仕上がりが期待できます。なお、通常の似顔絵イラストに比べて細かい描写をする必要があるので、使用する素材に関しても普通のイラストの倍ぐらいの大きさのものを選ぶと良いです。

また、この場合のポイントは、表情を出来るだけ細部まで描くことで、より似顔絵として際立つところを見せられます。その上で、何か特徴があるとして、同じものを描く場合、人物の骨格などの点を描いて、描き分けるとより効果的な展開が図れます。

特に、同じ顔のパーツが並んでいる場合、角度によっては似ても似つかない場合もあるので、そうしたところをしっかり描き分けられれば、より似顔絵としても高い評価を得ることも可能です。

似顔絵で印象や雰囲気を強調して速写するときの注意点

似顔絵で印象や雰囲気を強調して速写するときの注意点は、事前に下書きをすることがポイントになります。基本的に似顔絵はフリーハンドで描くようにすると本人とそっくりになる可能性が高くなります。しかし、大体の完成図が分かっている場合には細かい線を細かく描くよりもアウトライン化した方が短時間で済む時も多いです。

また、特に顔の輪郭は写す時にも難易度が高く修正を要求されることも多いです。手書きで描く方が似顔絵を早く描ける場合が多いですが、事前に綿密な下書きはしたほうが間違いが少なくなります。

また、顔の特徴については写真のスキャニングや加工ではなく、出来るだけ本物の表情を再現すると本人と同じような感じがして効果的です。それにより、人物画を描くときの参考になることが多くなります。

例えば、よく見ると目は涙ぐんでいた、鼻水は垂れていた、口角は切れていなかったり引いていたりと本人のことをよく知っている人には分かりやすい特徴も逆にないことも有り、絵にするとどうしても粗が目立つことが有ります。

タイトルとURLをコピーしました